黒あざ・赤あざ

あざとは?

あざは大きく黒・茶・青・赤アザとその他に分けられます。多くは生まれついてのもので自然に消えることはありません。あざの一部は成長してから現れるものもあります。
赤あざは血管腫(血管奇形)と呼ばれ、血管の異常で血管が拡張したり増殖したりすることによってできる良性腫瘍です。
黒あざはメラニンをもつあざの細胞(母斑細胞)が皮膚の一部にかたまっているものです。

あざの原因

生まれつきのことが多いのですが、成長後に出てくることもあります。

あざの治療

部位、形態によって方法は異なります。
黒あざは、メス、レーザーメス(炭酸ガスレーザーなど)や電気メスなどで外科的に切除します。
赤あざは、レーザー療法や手術があります。

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
東京脱毛クリニックメンズサイト