日焼け対策で大切なこと~上野新宿池袋皮膚科コラム

日焼け対策で大切なこと

日焼け止めを塗るタイミングは?

日焼けを防ぐためには、何よりもまず、紫外線に気を付けることが大切です。
日焼け止めクリームや服・傘などでも、「UVカット」=紫外線カット と書いてあるものが多くありますね。

紫外線といえば、日焼けやシミの原因として有名です。
でも、怖いのは肌の色が変わることだけではありません。
紫外線が当たり続けることは、シワやお肌のハリ低下の原因にもなるのです。

紫外線を季節の単位で考えますと、一番強いのは夏、というイメージがありますね。
確かにピークは7〜8月頃ですが、実は紫外線量は、5月頃からどんどん強くなっていきます。

だから日焼け対策は季節関係なく、そして日の出から日没まで、いつでも必要です。
太陽が出ているうちの外出時は日焼け止めを必ず塗るようにしましょう。

日焼け止めを塗るオススメのタイミングは、次の通りです。

・通学・通勤前に塗る。
・汗をかいて落ちてしまったら、日中に一度塗り直す。

また、曇りであっても紫外線は強いエネルギーがあり、地表に届いているので、晴れの日と同じように塗ってくださいね。

一番大切なのは身体に「やさしい」こと

ここまで、紫外線を防ぐことについてお話してきました。
とはいえ、

「なんとしても日焼けを防がないと!シミが…!シワが…!!」

と必死になるあまりに、汗で落ちにくい日焼け止めばかりを使い続けると、それはそれであまり肌にやさしくありません。
落としきれずに肌に残った日焼け止めは、時間が経つにつれて酸化し始め、逆にお肌に負担を与えてしまうのです。

もちろん、海や山に行くときはウォータープルーフの落ちにくくて強い日焼け止めを使ったほうがいいでしょう。
でも日常では、水で落とせるやさしめのものを使いましょう。

また、日焼け止めはある意味、水際作戦のようなもの。
そもそも紫外線が肌に届かないようにするのがベストです。

また、紫外線は、目に入ると白内障のリスクにもなります。
さらにある研究によれば、目から紫外線が入るだけで脳が

「メラニンを作りなさい」

と身体に指令を出して、日焼けしてしまうというデータもあります。
脳にはそんなお節介機能が備わっているというのです。
(こちらもこれから研究が進んでいくかと思われます。)

ですので、肌をガードする、サプリメント飲むのも大切ですが、出来るだけ日傘や帽子も使いましょう。

「肌や身体にやさしいか」を基準にして、活用してみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にもお肌に関して気になることがあったら、ご相談くださいね。

当院は新宿・池袋・上野の 3箇所で運営しております。
本日も受診可能ですので、お気軽にご連絡ください。

▼お問い合わせフォームはこちら
♦診療に関するお問い合わせ♦