肝斑(かんぱん)

肝斑とは?

肝斑は30歳以上の女性のほほ骨のあたりに左右対称性の現れる茶色いシミで、形状が肝臓に似ていることからこの名がつきました。

肝斑(かんぱん)の原因

女性ホルモンのバランスの乱れが原因と言われています。

肝斑(かんぱん)の治療方法

肝斑の治療は、トラネキサム酸とビタミンCの内服で改善することが出来ます。
レーザーによる治療は基本的に効果がありません。

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
東京脱毛クリニックメンズサイト