じんましん

じんましんとは?

じんましんは、皮膚の一部が突然1~2mmくらいのものから数cmくらいのものまで虫に刺されたように盛り上が強い痒みが出ます。突然発症して6週間以内に治るものと、それ以上症状が継続するものがあります。前者を急性じんましん、後者を慢性じんましんといいます。

じんましんの原因

原因は様々で、アレルギー性のものは食物や薬剤、非アレルギー性は寒冷など温度や刺激によって生じるものや、ストレスを感じた時に生じる時もありますが、約90%において原因が特定できません。

じんましんの治療方法

じんましんは表皮下の真皮の肥満細胞から放出されるヒスタミンなどの物質によって引き起こされるので、治療は抗ヒスタミン薬の服用が中心になります。
上記の原因であげました寒冷などの場合を除き氷や保冷剤などで患部を冷やすことも痒みを抑えるのに有効です。
通常24時間以内に消えるため、自然に治ったと思い、皮膚科を受診をされない方もいますが、再び症状が出る場合もありますので、皮膚科受診をおすすめします。

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
東京脱毛クリニックメンズサイト