やけど

やきどとは?

熱などの刺激により皮膚や粘膜が損傷することをやけど(熱傷)と言います。
カイロのように高温と感じなくても長時間同じ部位にあたり続けるとやけどをおこすことがあります。
やけどの深さは1度、2度、3度と三段階に分けられます。
数字が大きくなるほど深いやけどです。

1度:表皮のみのやけど。皮膚が赤くなり、ヒリヒリとした痛みはあるものの、通常、数日で治癒し、傷跡も残りません。

2度:2度は「浅い」浅達性2度熱傷「深い」深達性2度熱傷で2つにわかれます。
浅達性2度のやけどは、みずぶくれがやぶれると、きず(潰瘍)になりますがふつうは1-2週間で治り、多くの場合きずあとを残さないことが多いです。
深達性2度のやけどは、治るのに1ヶ月以上かかりきずあとをのこすことが多いです。

3度:3度になると痛みを感じる神経まで損傷されるので逆に痛くないのが特徴です。3度やけどの場合には皮膚の障害が強く、深達性2度熱傷より深いやけどになると治るのに時間がかかり、後遺症を残すこともあります。

やきどの治療方法

やけどは症状の深さによって、治療方法が異なります。

1度のやけど
乾燥を予防する軟膏やクリーム等で対処します。
患部は、その大小にかかわらず細菌感染を起こしやすいので、清潔なものを使用してください。

2度のやけど
浅い2度のやけどの場合には、軟膏や創傷被覆材による治療が行われます。
深い2度やけどの場合は、外用剤や創傷被覆材の治療のみでは治癒に時間がかかり、後遺症を残す可能性が高くなります。

3度のやけど
後遺症を残す恐れがあるので、迅速な受診が必要です。

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
東京脱毛クリニックメンズサイト